退化したっていいじゃない。note

ヤトゥの 「進化」と「退化」の迷走・妄想の記録

こんにちは、「ヤトゥミス」です。

団塊ジュニア世代のみなさんへ

世知がなく先行きの読めないこの世の中、訳も分からず仕事に奮闘する毎日、ここで一旦、振返りの時間を設けませんか?

こんにちは、「ヤトゥミス」です。

昔々、猿だった俺達の先祖の尻尾が退化して、ホモ・サピエンスになり、道具を使うようになり、どんどん現在の人間に進化して、その後、文明が開化し、科学が進歩し、世界戦争があり・・・・・・

更に現在、科学が益々進歩しているが、俺達人間はまだ進化し続けているんだろうか?

これまで漠然と、人間は進化を続けていると考えていたが、どうだろう?

俺たちの世代で考えれば、どうか?

すでに40年生き、人生の折り返し地点にさしかかっている、年齢的には進化と言うよりは、どんどん退化していく世代だ。

これからどんどん退化していく俺達は、どのように生きていけはいいんだろう。

先ほど人類の進化の過程で、「猿の尻尾が退化して無くなり、人類となった。」話を例にあげたが、どうやら生物学のうえでは「退化」と「進化」は同じことなんだそうだ。

尻尾が無くなったことを退化、猿から人類になったことを進化と表現しているが、いずれの変化も、なんらかの環境適応能力により変化したと云う意味では同じ。

そう俺達は、退化だろうが、進化だろうが、常に環境適応しながら、これからも日々精進していかなければならない。

そして、幸せに暮らすんだ。

でも、「本当の幸せ」って、いったいなんだろう。

あなたは、今、幸せか?

あなたの今の生活が、将来の幸せに導いてくれるか?

俺達はある程度経験も積んできた世代、少し振り返ってよく考えてみようか。

進化することで幸せになれるのか?

そもそも俺達は今進化しているのか?

これから肉体的に退化していく俺達は、もう進化できないのか?

 

「進化と退化」「直進と停滞」「集中と分散」などなど・・

でも「バランス」は必要かな。

このブログは、そんな迷走をコンセプトにしていきます。

yatumisu.net


yatumisu.hatenadiary.jp